河野防衛相「口を慎みたい」と反省 解散「10月」発言で

 河野太郎防衛相は11日午後の記者会見で、新内閣発足後の10月に衆院解散・総選挙が行われる可能性があるとする自身の発言について、反省の意を示した。「今後口を慎んでいきたい。余計なことを言わないようにしたい。(衆院解散に関しては)言うべき人が言うべきものだ」と述べた。

 河野氏は9日、米国のシンクタンクのイベントにオンラインで参加し「恐らく10月のどこかで行い、来年の東京五輪へ準備を整えていく」と発言し、与野党で波紋を呼んだ。

 ただ、この日の記者会見で「今後(言動が)丸くなってしまうのか」と問われると「そうなりたくないですね」と応じた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ