菅義偉氏、オンライン会議で県議らに支持訴え

 自民党総裁選に立候補した菅義偉(すが・よしひで)官房長官は10日午後、東京・永田町にある自身の事務所で、党所属の地方議員とオンラインで意見交換を行う会議を開き、支持を呼びかけた。菅氏は「いかに現場に足を運んで、現場の声を聞きながら政治をすることが大事かを分かっている」とアピールした。

 会議には岐阜と岡山、愛媛、滋賀、宮城、奈良、熊本の7県の県議らが参加。菅氏は参加者らが映し出されたパソコンの画面に向かって手を振ったりしながら「地元の声を率直に聞かせてもらい、『地方の活力なければ日本は元気が出ない』という思いでいろんな議論をさせてもらえればうれしい」と語った。

 その後、菅氏は和歌山や鹿児島など9県の県議、市議らともオンライン会議を開き、地方の状況などについて意見交換した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ