Go To キャンペーン 食事券は9月中旬、共通クーポンは10月から

 江藤拓農林水産相は8日の閣議後記者会見で、新型コロナウイルス感染拡大で打撃を受けた飲食業界を支援する「Go To イート」のプレミアム付き食事券の販売が、早ければ9月中旬からになると明らかにした。一方、赤羽一嘉国土交通相は同日の会見で、政府の観光支援事業「Go To トラベル」の旅行先の土産物店などで利用できる地域共通クーポンについては、10月1日から利用可能にすると明らかにした。

 イート事業の食事券は、購入金額の25%分を上乗せした上でコンビニエンスストアや商工会議所などで購入する。すでに大阪府など33府県では食事券を発行する事業者が決まっており、食事券を利用できる飲食店の応募を8日から受け付けた上で食事券の販売も9月中旬以降に開始する。事業者が決まっていない14都道県の事業者の公募も8日から始めた。

 一方、トラベル事業のクーポンは、旅行費用の15%分が千円単位で配布されるもので、紙のほか、スマートフォンとQRコードを使う方法がある。旅行期間中、目的地のほか隣接する道府県の土産物店や交通機関などで利用できる。東京都民や東京都を目的にした旅行の割引解禁について赤羽氏は、東京都が10日に開く感染状況のモニタリング会議の議論も踏まえ「総合的に判断する」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ