中国外相がデータ保全の国際基準策定を呼び掛け 圧力強める米への対抗策か

 【北京=三塚聖平】中国の王毅国務委員兼外相は8日、データの保全に関する国際的な基準の策定を呼びかけた。インターネットやハイテク分野で米国が「中国包囲網」の構築を進める中で、中国主導の国際基準を作ることで対抗する狙いがあるとみられる。

 中国外務省の発表によると、王氏は「情報技術を利用した他国の基幹インフラの破壊や、重要データの窃取に反対する」と強調。情報技術を乱用した他国への大規模な監視や、非合法な個人情報の収集に反対すると表明した。

 中国は、安全保障上の懸念を理由に華為技術(ファーウェイ)など中国企業への制限措置を打ち出すトランプ米政権に反発。「米国こそ世界最大のハッカー帝国だ」(外務省報道官)と反論しており、米国への対抗策の一環とみられる。

 米側の批判を念頭に、王氏は「中国政府は、他国の法律に違反して国外のデータの提供を中国企業に求めることはない」と主張。米当局が疑念を示す不正アクセスの侵入口に使われる「バックドア(裏口)」についても、情報通信関連の製品に設置して違法に利用者データを得ることも「すべきでない」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ