石破氏「里山資本主義を日本から確立」

 自民党総裁選に立候補した石破茂元幹事長は8日午後の所見発表演説会で、「新しい公益資本主義を世界に先駆けて広めていかなければならない。利潤だけを目的とするのではない。循環型、里山の資源を最大限に生かし、サブシステムとしての『里山資本主義』を日本から確立していきたい」と述べた。

 新型コロナウイルス対策については「重症者が増加していないので医療現場は逼迫(ひっぱく)していない、という認識には立っていない」と語り、医療現場への支援の必要性を強調。「経済的支援の拡大と強制力を伴った措置の導入は、真剣に検討されてしかるべきだ」と述べ、感染収束を待たず、新型インフルエンザ等対策特措法を改正すべきだとの考えを示した。

 さらに「どこにあっても同じ態勢で24時間365日、防災を考える部署が必要だ」と語り、「防災省」の設置を訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ