自民党総裁選8日告示、14日投開票 菅官房長官、岸田政調会長、石破元幹事長の3人が立候補へ

 自民党総裁選は8日、告示される。菅義偉官房長官(71)、岸田文雄政調会長(63)、石破茂元幹事長(63)の3人が立候補する見込み。党内5派閥の支援を受け優勢な菅氏は7日、官房長官の職務を優先。官邸で台風10号の被害対応に当たり、夜予定されていた民放テレビ番組への出演を見合わせた。一方、岸田氏と石破氏は積極的にメディアへの露出を図り、報道各社のインタビューやテレビ出演をこなし、イメージアップに努めた。

★優勢の菅氏、官邸で台風10号の対応

 菅氏は官邸で、九州各地で被害をもたらした台風10号への対応に当たり、夜のテレビ出演を中止。午前の定例記者会見では、官房長官の経験から「なかなか進まない課題は複数の役所にまたがるものが多かった」と指摘。「役所の仕事や組織の在り方は、常に見直す必要がある」と省庁再編を“公約”に掲げた。

 特に強調したのが行政デジタル化の推進。「新型コロナウイルス感染を機にテレワークが広がり、行政や民間のデジタル化の必要性が明らかになった」と話した。“デジタル庁”などの創設を検討しているもようだ。

 また、自民党の二階俊博幹事長(81)の在職日数が通算歴代最長に並んだことを受け、「政策実行には政府、与党の緊密連携が不可欠だ。党内をまとめていただけるので、非常に頼りになる」と発言。総裁選で最初に派閥として支持を打ち出し、菅氏優位の流れを作り出した二階氏を持ち上げた。

 この後、東京都議会の自民党会派議員と面会し、支援を求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ