石破陣営、選挙運動に“あつ森”活用発表も、すぐ計画停止に…「お粗末すぎ」「発想は素晴らしい」「娯楽を政治に利用やめてくれよ…」とネット上でさまざまな反応

 自民党総裁選に出馬する石破茂元幹事長の陣営が6日、任天堂の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の人気ソフト「あつまれ どうぶつの森」(あつ森)を選挙運動に活用すると発表。しかし政治的な主張は任天堂の利用規約に抵触する恐れがあり、即日計画をいったん停止する事態となった。ネット上では「国政選挙でもないんだから別に良いんじゃないの?」「お粗末すぎ」などさまざまな反応が寄せられている。

 街頭演説の実施が見送られる中、ゲーム空間を利用して党員らと交流を図るという計画。プレーヤーが無人島で釣りや園芸、他のプレーヤーとの交流を楽しむゲーム「あつ森」に8日以降、石破氏をモチーフにした「いしばちゃん」と名乗るアバター(分身)が登場し、自民党をもじった「じみん島」で活動する予定だった。この計画自体は「固定概念を崩す発想は素晴らしいもんだ」「まじうけるー」「島のネーミングセンス!」「じみん島って名前は面白い」と好意的に受け取るネットユーザーも多く、「石破さんのあつ森選挙戦 ユニークだし新しいツールとして取り入れてもいいんじゃないかと思う」と評価する声があがった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ