岸田氏は「ハート感じる人」妻、裕子さんが地元で支援訴え

 「記念日やプレゼントはないが、それ以上にハートを感じる人」

 自民党総裁選に出馬する岸田文雄政調会長を激励するため、6日に広島市内で開かれた会合に出席した妻の裕子(ゆうこ)さんが夫の人柄をこう紹介した。

 ■「写真は途中の一コマ」

 岸田氏本人は台風10号の接近を受け、会合への出席をキャンセル。夫に代わり、裕子さんが総裁選に向けた岸田氏への支援を呼びかけた。

 岸田氏は2日、裕子さんの手料理を楽しむ様子をツイッターに投稿。ところが、岸田氏が席に座り、裕子さんが立った状態だったことから「対等ではない」「すごい昭和感」などとコメントが寄せられ、岸田氏は翌3日の記者会見で「あれから食事が始まるので、必ず家族は同じ食卓につく。写真は途中の一コマだ」と説明した。

 ■「状況変わると信じている」

 裕子さんは「(ツイッターでの批判を)上回る『いいね』をいただいた」と謝意。「昭和感」とのコメントを踏まえ「良い意味で昭和のおやじ。温かいハートを持った人」とした。

 総裁選では、菅義偉官房長官の優勢が伝えられ、主要派閥の支持を得られなかった岸田氏の苦戦が続いているが、「全国の皆さんに主人の人柄や政策が伝われば必ず状況は変わると信じている。主人が百パーセントの力を発揮できるように支えたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ