防衛相「誠実さ欠いた」 イージス断念の経緯公表 自民会合で陳謝

 河野太郎防衛相は4日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画を断念した経緯に関し、防衛省の検証結果を公表した。これに先立ち、自民党本部で開かれた国防部会などの会合に出席。「地元には誠実さに欠ける対応となり、大変申し訳ない」と改めて陳謝した。

 河野氏は会合では、3日に安倍晋三首相に同様の報告をしたところ「厳しいお叱りをいただいた」と明らかにした。

 検証結果では、北朝鮮が弾道ミサイル発射を繰り返すなど安全保障環境が厳しさを増す中、地上イージスの配備を急ぐ必要があったと説明。米側との協議と、地元への説明を並行的に実施したことで、慎重さや誠実さを欠いた対応になったと結論付けた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ