内閣支持率がネットで話題に 辞意表明後の“爆上げ”…「安倍さん、三周目あるんじゃないか?」「全く理解できません…」

 第2次政権は歴代最長の7年8カ月続いており、「この政権は日本に安定政権をもたらし失業率株価共に安定経済を実現した政権として後世に語られるだろう。国際社会の中で間違いなく中心であった」と改めて評価する人も。支持率が急増した原因について、「これが国民の“声”だ」と指摘し、「“余人を持って代えがたい”という事」と分析する人もいた。

 一方、「内閣支持率なんて、AI人工知能判断。当たり前な話。支持率が上がる訳が無い!!」「なぜ内閣支持率が20%(ポイント)も上がるのか、全く理解できません…」と首をかしげる人も。「安倍(首相)が辞めても安倍(首相)の同類だけが残っている内閣の支持率が20%(ポイント)も上がるって何考えているのかな」「日本人って病気とか弱いもんなー。哀れむ癖がついてて理性的判断ができない」との見方も散見された。

 内閣支持率といえば、30%を割ると「黄信号」や「危険水域」などといわれる。その数字が世論をそのまま映す鏡というわけではないが、歴代内閣は世論調査の結果に翻弄されてきた。政権末期に内閣支持率が急上昇するのは異例のことだが、「データって発信サイドの都合でいかようにも切り取って料理できるからね。提示された数字を全面的に信じるよりまずはその背後の事実関係や集計データを疑ってみる方が余程大事だと思う」と冷静に受け止める声もみられた。

 内閣支持率をめぐり、ネット上ではさまざまな意見が飛び交っているが、「反安倍はやめるから上がったと言い、安倍総理支持派はやめて欲しくないから上がったと言う。これでは対話しても噛み合わないはずだ」と総括する人もいた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ