菅官房長官、中国のミサイル発射「緊張を高めるいかなる行為にも反対」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は27日午前の記者会見で、中国が南シナ海に向け中距離弾道ミサイルを発射したことに関し、「最近の中国の南シナ海の活動は懸念を持って注視している。わが国としては、南シナ海での緊張を高めるようないかなる行為にも強く反対する」と述べた。

 菅氏は今回の発射について「政府としては重大な関心を持って、常日頃から情報収集・分析に努めている。個々の内容については事柄の性質上、コメントは差し控えたい」と述べるにとどめた。

 その上で、近年の南シナ海での中国の動向について「南シナ海をめぐる問題は地域の平和と安定に直結しており、わが国を含む国際社会の正当な関心事項だ」と強調。「南シナ海での問題の全ての当事国が国際法に基づく紛争の平和的な解決に向けて努力することの重要性を強調していきたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ