ミサイル防衛で連携強化、東アジア情勢も 河野防衛相と米司令官

 河野太郎防衛相は22日、米軍横田基地(東京都)で在日米軍のシュナイダー司令官と会談した。地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画断念を受け、新たなミサイル防衛体制構築に向け、連携を強化することで一致した。

 中国による軍事行動拡大を踏まえ、東アジアの安全保障情勢についても意見を交わした。河野氏が会談後、記者団に明らかにした。

 河野氏は「地上イージスの配備を断念したが、北朝鮮ミサイルの脅威は厳然として残っている。どう情勢を分析し、対応していくかを申し上げた」と述べた。

 在日米軍が基地別に新型コロナウイルス感染者数を公表していることに謝意を伝達。「情報を的確に発信してくれて、周辺自治体の不安をいち早く取り除いてくれたことは非常にありがたい」と記者団に語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ