防衛相、航空総隊を視察 横田基地、米司令官と会談

 河野太郎防衛相は22日午前、米軍横田基地(東京都)内にあるミサイル防衛の中枢、航空自衛隊航空総隊司令部を視察した。北朝鮮の弾道ミサイルや日本周辺空域の監視状況を確認。午後に在日米軍のシュナイダー司令官と会談した。

 河野氏は視察後、空自隊員に訓示し、弾道ミサイルの能力向上を図っている北朝鮮や、日本周辺での活動を活発化させている中国の動向に触れ、安全保障環境が厳しさを増していると強調。「わが国の平和と安全は自らの双肩にかかっているという責任感を持ち、日々の任務に精励してほしい」と述べた。

 シュナイダー氏との会談では、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」計画断念を踏まえ、日本政府が検討中の新たなミサイル防衛や、東・南シナ海への進出を強める中国に関して協議する見通しだ。

 横田基地は東京西部の福生市など5市1町にまたがる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ