岸田政調会長は目玉政策が必要 茂木外相は「期待の星」なるか 河野防衛相は外交では“諸刃の剣”

 【ポスト安倍の条件】

 自民党の岸田文雄政調会長は、安倍晋三首相の「意中の後継候補」といわれてきた。激務である外相を5年間も務めて安倍外交を支えてきた。憲法改正では、国民投票が焦点になるが、保守派の首相のもとで対決ムードで臨むより、リベラル色が感じられる岸田氏の方が確実に勝てそうだ。

 ところが、岸田氏への国民の支持は低調だ。岸田氏は、安倍政治を「分かりやすい説明」や「スピード感」が不足していると評するが、岸田氏自身が、この点で安倍首相より優れているとは思えない。

 例えば、前法相の衆院議員、河井克行被告と、妻の参院議員、案里被告=ともに自民党を離党=の選挙買収事件の発端は、自民党が参院広島選挙区で2議席獲得できるのに、岸田派が「野党と1議席ずつでいい」と暗躍したためとされる。岸田氏は衆院広島1区選出の派閥領袖(りょうしゅう)として、説明すべきではないのか。

 「スピード感」を増すためには、現在以上に官邸主導にしなければならないがどうするのか。ぜひ聞きたい。

 「情熱が伝わっていないということは反省する」「みなさんの話を聞いて、それを参考にして、改めるべきところは改める」

 月刊誌『正論』(9月号)のインタビューでこう語っていたが、「首相になったら、こういう改革を断行する」という目玉を持たないと、国民の期待がわいてくるはずがない。

 それなら、外交で不安がなく、経済についても見識がある首相候補はいないかといえば、いる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ