海保調査に韓国が中止要求 長崎沖、外交ルートで抗議

 海上保安庁は15日、長崎県の男女群島・女島西方の東シナ海で、海洋調査をしていた同庁の測量船「平洋」に対し、韓国海洋警察庁の船が中止要求してきたと発表した。日本側は、日本の排他的経済水域(EEZ)での正当な活動だとして外交ルートで韓国に抗議した。韓国側は船が交代し、16日になっても平洋と並走したり、漂泊したりして要求を続けた。

 海保によると、15日午前4時20分ごろ、女島の西約141キロで、韓国海洋警察庁の船が、無線を通じ英語で「韓国の海域で調査するには同意が必要なので、やめなさい」と要求があった。

 平洋は日本のEEZ内だとして調査を続け、韓国側の船は、その後も中止要求を繰り返した。

 EEZは沿岸から200カイリ(約370キロ)とされる。現場海域は日韓双方から200カイリの範囲にある。海保の測量船は両国の中間線の日本側で調査をしていた。付近で韓国からのこうした行動は初めてという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ