中国漁船侵入に厳格対処を 自民保守系、尖閣めぐり政府に要請

 自民党の保守系グループ「日本の尊厳と国益を護(まも)る会」(青山繁晴代表)は15日、尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺領海への中国漁船の侵入があれば厳しく対処するよう政府に求める提言をまとめた。中国が設けた休漁期間が16日に明けるのを前に、青山氏が国会内で岡田直樹官房副長官に手渡した。

 提言は、中国漁船が日本の領海内で不当に漁労を行った場合「国連海洋法条約に基づいて躊躇(ちゅうちょ)なく拿捕(だほ)し、わが国の法的根拠を持って対応する」と要求。警戒強化や不法上陸阻止のため、海上保安庁、沖縄県警と米国の沿岸警備隊による尖閣周辺での合同訓練を提案した。自衛隊の訓練強化も盛り込んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ