9月上旬にも往来制限緩和 日・マレーシア外相会談

 茂木敏充外相は14日、訪問先のマレーシアの首都クアラルンプール近郊で、ヒシャムディン外相と会談し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため実施している出入国制限について、9月上旬にも一部緩和することで一致した。

 日本政府は7月に、往来規制の緩和に向けて交渉する第2弾の対象国として、マレーシアを含む12カ国・地域を指定。今回の緩和は駐在員ら長期滞在者を対象にする。

 両氏は、中国が海洋進出を強める東・南シナ海問題についても意見交換し、両国の緊密連携を確認した。茂木氏は北朝鮮による日本人拉致問題の早期解決に向けた協力を要請し、理解を得た。

 茂木氏はマレーシアに先立ち訪問したシンガポールで、同国と9月中に出入国制限を一部緩和することで一致した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ