公明・山口代表「ミサイル防衛に関する公明党の考え方を政府、国民に伝える」

 公明党の山口那津男代表は5日、自民党が敵基地攻撃能力の保有を含む抑止力向上の提言をまとめたことを受け、ミサイル防衛に関する党としての意見をとりまとめる考えを示した。「公明党としての考え方を政府にも国民にも伝える機会を持ちたい」と述べた。広島市内で記者団に語った。

 政府は計画を断念した地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の代替策と合わせて9月に方向性を示す方針で、山口氏は「自民党が一定の考え方を出した以上、公明党の考え方が重要な意味を持つ」とも述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ