徴用工現金化問題「解決策講じられず遺憾」 自民・鈴木総務会長

 自民党の鈴木俊一総務会長は4日の記者会見で、韓国のいわゆる徴用工訴訟をめぐり、日本製鉄の韓国内資産の差し押さえ命令決定に関する「公示送達」の効力が発生したことについて「ボールは一貫して韓国側にあったと思う。国際法上の違反ともいえる状況を、韓国国内で解決に向けての努力や解決策を講じられていないことは大変遺憾だ」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ