安倍首相「重症化防ぎ、命守ること何より重要」 コロナ感染増で

 安倍晋三首相(自民党総裁)は4日の党役員会で、新型コロナウイルスの感染者が増加傾向にあることについて、「重症化を防ぎ、命を守ることが何よりも重要だ。陽性者の早期発見、早期治療、高齢者の感染予防対策に全力を挙げていく」と強調した。「社会経済活動との両立をしっかり進めていきたい」とも語った。役員会後、高鳥修一筆頭副幹事長が記者会見で明らかにした。

 首相はまた、政府や党役員に対して「感染予防対策に細心の注意を払って夏休みを取ってもらいたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ