安倍首相「高い緊張感を持ち注視」 コロナ感染状況に

 安倍晋三首相は31日、新型コロナウイルスの感染状況について「高い緊張感を持って注視している」と述べた。陽性者の早期発見と重症化予防、ワクチンの開発・確保に努めるとしたうえで「地方自治体としっかりと連携をとりながら、必要な対応を講じる」と強調した。官邸で記者団の質問に答えた。

 野党が求めている臨時国会の早期召集に関しては「ほぼ毎週、閉会中審査を行い、コロナ対応、集中豪雨対策などについてタイムリーに審議が行われた」と説明した。召集時期については「諸課題を整理したうえで、与党とよく相談しながら対応していきたい」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ