野党、臨時国会の早期召集を要求

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党と社会保障を立て直す国民会議の各国対委員長は31日午前、大島理森衆院議長に対し、憲法53条に基づいて臨時国会の召集を求める要求書を提出した。大島氏は野党側の要請を政府・与党に伝える考えを示した。

 要求書では、新型コロナウイルスの感染拡大や観光支援事業「Go To トラベル」をめぐる政府の対応を批判。全国各地で相次ぐ豪雨災害に対応するためにも「臨時国会の早期召集は不可欠」としている。

 立民の安住淳国対委員長は要求書提出後、記者団に「政府がこの先行う対策について、国民の前でしっかり議論して方針を決めていく。こうしたことは国会がやらなければならない大きな仕事だ」と指摘。「議長もかなり私どもと近い認識を持っている」と述べ、早期召集に期待感を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ