防衛省、オークションに出す自衛隊装備品を公開

 防衛省は22日、自衛隊の中古装備品のオークションに出品する約30品目を報道陣に公開した。オークションは26日、東京・市谷の防衛省で初めて開催。事前申し込み制で、すでに参加者450人は決まっている。

 公開された品目は、今春退役した海上自衛隊練習艦「やまゆき」の操舵輪(開始価格2万円)、航空自衛隊パイロットのヘルメット・酸素マスク・ヘルメットバッグのセット(同3万円)、C1輸送機試作機の操縦桿(かん)(同1万円)や衝突防止灯(同5千円)、陸上自衛隊戦闘靴(同3千円)など。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ