与野党、「Go To」で政府に経緯説明要求「政策判断、闇の中」

 政府と与野党は21日、新型コロナウイルス対策を話し合う連絡協議会を国会内で開いた。22日から始まる政府の観光支援事業「Go To トラベル」をめぐり、開始時期の前倒しや補助対象の一部除外など一連の決定が行われた経緯について政府に説明を求める声が与野党から相次いだ。

 立憲民主党の逢坂誠二政調会長は協議会後、記者団に、東京が割引対象から除外されたことに伴うキャンセル料補償に関し「どういう経過の中で決まったのか全く分からない。政策判断(の過程)が闇の中という印象だ」と批判した。

 一方、主要野党が21日に開いた合同ヒアリングでは「Go To」による新型コロナの全国的な感染拡大を危惧する声が相次ぎ、実施の延期を求める意見も出た。国民民主党の原口一博国対委員長は「(感染防止)対策をとっているから大丈夫というのは責任を旅行業者やトラベラー(旅行者)に転嫁する考え方だ」と批判した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ