岸田、石破両氏らが上野のとんかつ店で会食 「Go To」意見交換 

 自民党の岸田文雄政調会長と石破茂元幹事長、石原伸晃元幹事長、中谷元・元防衛相が21日、東京・上野のとんかつ店で会食し、政府の新型コロナウイルス対策や観光支援事業「Go To トラベル」などについて意見交換を行った。

 4人はいずれも昭和32年生まれで、「四季の会」として定期的に会合を開いている。毎回、メンバーの誕生日祝いで夕食をともにする決まりだが、親交を深めるため、「番外編」との名目で石原氏の行きつけのとんかつ店で昼食をとった。会食では、新型コロナ対応を抱える安倍晋三首相が早期の衆院解散・総選挙に踏み切る可能性は低いとの見方で一致したという。

 会食後、取材に応じた中谷氏は「今は新型コロナ対策で全力を挙げる時期だ。しっかりと結果を出さなければならず、選挙ができる状態ではないと思う」と語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ