早急な豪雨支援策を政府に要求 自民・岸田氏

 自民党の岸田文雄政調会長は19日、豪雨の被災地支援として4000億円超を投じる政府方針をめぐり、具体的な支援策を早急に取りまとめるよう求める考えを示した。視察先の熊本県芦北町で記者団に「今回の被害を長引かせれば、次の台風リスクに備えられない。スピード感を持って取り組むよう政府に働き掛ける」と語った。

 芦北町では、住宅がのみ込まれた土砂崩れの現場や、浸水被害を受けた旅館を視察。水俣市と津奈木(つなぎ)町を含め3市町の首長と意見交換した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ