「Go To」延期すべき 立民など4野党が一致

 立憲民主、国民民主、共産、社民の野党4党の国対委員長は15日、国会内で会談し、新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた観光分野の需要喚起策「Go To トラベル」について、22日からの実施を延期すべきだとの認識で一致した。

 立民の安住淳国対委員長は会談後、記者団に対し、首都圏を中心に感染者が急増している状況を踏まえ「行く側も受け入れる側も不安に思っている。政府の認識は国民の皮膚感覚とずれている」と批判。「今『補助金を出すから旅行に行ってください』というのは時宜にかなっていない」として、「Go To トラベル」の早期実施は十分な効果を得られないとの見方を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ