「東京問題」めぐり 菅氏と小池氏がさや当て

 新型コロナウイルスの感染者が東京都を中心に増加傾向であることをめぐり、菅義偉(すが・よしひで)官房長官と小池百合子都知事の間でさや当てが繰り広げられている。菅氏が感染者増を「東京問題」と表現したのに対し、小池氏は政府の対策を批判。国と都の足並みの乱れが改めて浮き彫りとなった。

 菅氏は11日、北海道千歳市での講演で、感染者増について「圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではない」と述べた。13日の記者会見でも「全国の新規感染者の半数以上が都だ」と指摘した。

 一方、小池氏は13日、菅氏の発言に「逆に圧倒的に検査数が多いのが東京だ」と反論。首都圏を中心に感染者が増える中で、観光業や飲食業を支援する「Go To キャンペーン」開始に向けた政府の動きに関し「冷房と暖房の両方をかけるようなこと。どう対応していけばいいのか」と皮肉った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ