鹿児島知事選、現職敗北に「審判厳粛に受け止める」自民・下村選対委員長

 自民党の下村博文選対委員長は12日夜、鹿児島県知事選で公明党とともに推薦した現職の三反園訓氏が再選を果たせなかったことについて、「有権者の審判を厳粛に受け止める」とするコメントを発表した。

 下村氏は、三反園氏が選挙期間中も豪雨災害や新型コロナウイルス対応に専念していたと強調した上で「有権者への訴えが一歩届かない結果となった」と振り返った。

 公明党の佐藤茂樹選対委員長も「今回の結果を真(しん)摯(し)に受け止め、敗因をよく分析していきたい」との談話を発表した。当選した元九州経済産業局長の塩田康一氏に対しては、「国政と連携しながら、豪雨災害や新型コロナ対応に全力で取り組んでほしい」と求めた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ