陸自オスプレイの木更津暫定配備で低下する抑止力…南西防衛強化へ課題は山積

 防衛省は10日、米国製の輸送機オスプレイ1号機を陸上自衛隊木更津駐屯地(千葉県木更津市)に暫定配備した。陸自相浦駐屯地(長崎県佐世保市)の離島奪還部隊「水陸機動団」の輸送を担い、南西諸島防衛の強化を図る。ただ、相浦駐屯地から離れているため有事への即応性に課題を残す。5年後に本来の配備先の佐賀空港(佐賀市)に移す計画も、めどが立っていない。

 オスプレイは米国から船で米軍岩国基地(山口県岩国市)に陸揚げされた。10日、米側の操縦で木更津に到着し、陸自に引き渡された。当初は6日の予定だったが、悪天候で2度延期された。近く2機目を暫定配備し、8月に試験飛行を始める見通し。将来的に17機に拡充する。

 オスプレイは飛行機と同じ固定翼で、時速500キロ程度の高速飛行能力と長い航続距離を有する。一方で飛行機と異なり、滑走路がない場所でもヘリコプター(回転翼)のように垂直に離着陸できる。

 南西諸島は九州南端から与那国島にかけて1200キロにわたり島々が連なる。滑走路がない離島も多い中、有事の際には水陸機動団の隊員や装備を素早く輸送する必要があり、オスプレイの特長が生きる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ