香港国安法に「深い懸念」 日米豪防衛相が共同声明

 河野太郎防衛相は8日、エスパー米国防長官、オーストラリアのレイノルズ国防相とテレビ会議方式で会談し、中国による香港国家安全維持法(国安法)の制定に関して「深い懸念」を表明するとの日米豪防衛相共同声明を発表した。

 東シナ海や南シナ海で活動を活発化させている中国を念頭に、威圧的な現状変更の試みに対して反対の意を強固なものとしたと確認。北朝鮮の弾道ミサイル発射に関しては、強い懸念を共有し、複数の国連安全保障理事会決議違反だと非難した。

 3者は新型コロナウイルス感染症対策についても意見交換した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ