公明・斉藤氏、コロナ禍で「衆院解散は国民の理解得られず」

 公明党の斉藤鉄夫幹事長は6日午前、新型コロナウイルスの感染拡大や熊本県南部を襲った豪雨への対応を念頭に、早期の衆院解散・総選挙は避けるべきだとの認識を重ねて示した。「国民の命を守るのが今最大の課題だ。解散うんぬんは全く国民の理解を得られない」と述べた。国会内で記者団に語った。

 斉藤氏は、5日投開票された東京都知事選で野党候補が乱立したことに関し、「国政ということになると、野党の一本化は進んでいく」との見方を示した。小池百合子知事の再選については「都民は未曽有のコロナ禍に対し、政策の継続性と安定性を望んだ」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ