落選の小野泰輔氏、五輪延期届かずも「悔いはない。すがすがしい思い」

 過去最多22人が立候補した東京都知事選は5日、投開票され、現職の小池百合子氏(67)が元日弁連会長の宇都宮健児氏(73)、れいわ新選組代表の山本太郎氏(45)、元熊本県副知事の小野泰輔氏(46)らを破り再選を果たした。得票数は350万票を超え、前回の約291万票を上回る圧勝だったが、感染再拡大中の新型コロナウイルス対策や来夏に延期された東京五輪・パラリンピック対応など課題が山積、新たな4年間のかじ取り役として手腕が問われる。

 日本維新の会の推薦を受けた無所属新人、小野氏は、東京・品川区の選挙事務所で敗戦の弁を述べた。

 小池氏の当確が出た直後に姿を見せ、「悔いはない。負けはしたが、すがすがしい思い。名の知れた候補者に割って入ることができた」と淡々と話した。熊本県副知事の任期満了に伴い、出身地の東京都知事選に出馬。新型コロナウイルス対策では医療整備拡充など、東京五輪・パラリンピックは2024年への延期などを主張したが、有権者には届かなかった。

 今後については「民主主義をもっと前に進めていく」としたが、「政治家としてやり続けるか、そこにこだわりはない」と明言せず。熊本に再び拠点を移すとし、まずは豪雨被害のボランティアをする意向を明かした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ