中国公船の領海侵入「外交ルートで厳重抗議」 菅官房長官

 菅義偉官房長官は3日の記者会見で、中国公船による尖閣諸島(沖縄県石垣市)周辺での領海侵入をめぐり「東京と北京双方の外交ルートで、局長、公使レベルで繰り返し厳重に抗議している」と述べた。「冷静に、毅然(きぜん)として対応していきたい」とも語った。

 菅氏は領海内に侵入した中国公船が現在も領海にとどまっていると明らかにした上で「海上保安庁の巡視船が領海からの退去要求を繰り返し実施し、日本漁船の保護のために周囲に巡視船を配備し、中国公船と日本漁船の間に入ることで安全を確保している」と説明した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ