河野太郎防衛相 「根回し・党三役・経済閣僚」クリアすれば立派な総理候補 「イージス・アショア」配備計画停止を教訓に

 【政界マル秘紳士録】

 河野太郎防衛相は15日、陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の配備計画停止を発表した。

 自民党などへの根回しなしの発表に、翌日の自民党国防部会などでは、防衛相経験者ら出席者から、日本の弾道ミサイル防衛網に隙が生まれるとの懸念が多く示され、「しっかり説明がなければ到底承服できない」などの声が相次いだ。また、この会議に河野氏自身が出席しなかったことも、火に油を注ぐ結果となった。

 こうした事態を受けて、河野氏は17日、二階俊博幹事長が本部長を務める北朝鮮核実験・ミサイル問題対策本部の役員会に出席。「党への報告が遅くなり、大変申し訳ない。党とよく相談しながら今後の方向性を議論したい」と頭を下げた。

 河野氏が計画停止を判断したのは、技術的な問題が明らかになり、それを克服するための「期間とコストを考えると(計画の継続は)合理的でない」というもの。いかにも、河野氏らしい「合理」的な運びだが、これほどの基本的な政策の変更は、与党と一体になって進めなければ不満の声が上がるのは当然だ。政治に限らずに、日本の社会では良くも悪くも「根回し」が重要なのである。

 河野氏は政界有数の論客であり、雄弁家だ。これまで相手を論破することで存在感を誇示してきた。半面、さまざまな利害や立場を調整し、関係者の合意を得るのは、けっして得意な方ではなかった。今回はその弱点がはしなくも露呈した形だ。

 河野氏は1996年の総選挙で初当選。以来、当選8回を重ねてきた。最大の後見人は麻生太郎副総理兼財務相。神奈川県つながりの菅義偉官房長官とは同期当選である。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ