国会議員所得、元栄氏が8億円で首位 1億円超は3人

 令和元年分の国会議員所得報告では、自民党の元栄太一郎参院議員が8億4502万円で、首位に立った。1億円超の逢沢一郎衆院議員、中西健治参院議員(いずれも自民党)を大きく引き離した。1億円超は3氏だけで、株式の譲渡や家賃収入で4位以下と差がついた。

 前回4億9998万円で2位だった元栄氏は、今回一気に8億円超を記載。うち株式譲渡が7億7893万円を占めた。詳しい内容について元栄氏の事務所は「個々の案件については回答を控える」とした。

 1億1170万円を報告した逢沢氏は、東京都港区南青山にあるビルの賃貸収入として6065万円を計上。親族が経営する「アイサワ工業」の配当所得として、2753万円を得た。

 JPモルガン証券の元副社長、中西氏は同社の株式配当8827万円を含む、1億797万円を報告した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ