防衛省、情報発信強化へ 地上イージス代替策めぐり

 河野太郎防衛相は26日の記者会見で、地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」の代替策をめぐり、情報発信を強化する方針を明らかにした。「さまざまなオプション(選択肢)がある。長所と短所など、国民に議論に参加してもらえるよう、分かりやすく情報を発信しなければならない」と述べた。

 一方、航空自衛隊の地対空誘導弾パトリオット(PAC3)に関し、弾道ミサイルの迎撃で落下した破片による被害が出ても、やむを得ないとの認識を示した。「(着弾する)最終段階なので、そういうふうに判断している」と語った。

 地上イージスについては、ブースター部分を自衛隊演習場内などに確実に落とせない技術的問題を、配備計画を断念した理由に挙げている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ