河井夫妻逮捕 与党からも批判、野党は首相の任命責任追及

 昨年7月の参院選をめぐり、前法相で衆院議員の河井克行、妻で参院議員の案里両容疑者=いずれも自民党離党=が18日、東京地検特捜部に公職選挙法違反(買収)の容疑で逮捕されたことに、与党からも批判の声が上がった。野党は克行容疑者を法相に起用した首相の任命責任を追及する構えで、予算委員会の集中審議開催を要求した。

 自民党の鈴木俊一総務会長は取材に「非常に遺憾だ。信頼を取り戻すため、しっかりやっていくしかない」と述べた。石破茂元幹事長は記者団に「票を金で買うという民主主義の否定に等しい行為だ。党の在り方を問い直さないと国民から厳しい判断を受ける」と批判。公明党の斉藤鉄夫幹事長は「政治不信を招いたとの観点から許されざることで、議員辞職に値する。与党や政権に大きな打撃になっている」と語った。

 立憲民主党の枝野幸男代表は記者団に「逮捕されるような行動を取っていた人を法相に任命した首相の見識が問われる。退陣表明でもしたらいい」と批判した。国民民主党の玉木雄一郎代表も「夫婦そろって現職議員が逮捕されるのは憲政史上に残る汚点だ。辞職しないのなら、速やかに議員辞職勧告決議案を提出したい」と表明した。

 野党は案里容疑者が広島選挙区で初当選した昨年の参院選で自民党本部から計1億5000万円が陣営に送金されたことや、首相が地元秘書を広島入りさせ、菅義偉(すが・よしひで)官房長官も何度も応援に入るなど強力に支援してきたことも問題視している。

 立民の安住淳国対委員長は記者団に「(首相は)自民党総裁として1億5000万円を渡した経緯も説明する責任がある」と述べ、共産党の小池晃書記局長は「なぜ特定の候補にこれだけの資金援助、支援をしたのか。真相解明が必要だ」と訴えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ