首相会見全文(4)イージス・アショア「このまま進めるわけにいかない」

=(3)から続く

 「新たな目標を作り上げるにあたって、さまざまな障害を一つ一つ取り除いていく考えです。そして『ポストコロナ』の新しい日本の建設に着手すべきは今やるしかないと考えています。パンデミック(世界的大流行)の脅威は、かねてから指摘されてきたことです。しかし、わが国の備えは十分であったとはいえません。テレワークなどの重要性も長年指摘されながらまったく進んでこなかった。そのことは事実であります。『治に居て乱を忘れず』。今回の感染症の危機によって示された最大の教訓ではないでしょうか」

 「自民党は憲法改正に向けて緊急事態条項を含む4つの項目について、すでに改正条文のたたき台をお示ししています。緊急事態への備えとして、わが党の案にさまざまなご意見があることも承知しています。各党各会派の皆さんのご意見を伺いながら、進化させていきたい。建設的な議論や協議を自民党は歓迎します。しかし、国会の憲法審査会における条文案をめぐる議論は、残念ながら、今国会においても全く進みませんでした。今、目の前にある課題を決して先送りすることなく解決していく。これは私たち政治家の責任です」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ