首相会見全文(1)河井夫妻逮捕「任命者として責任を痛感」

 安倍晋三首相は18日、第201通常国会の閉会を受けて記者会見を開き、前法相で衆院議員、河井克行容疑者と妻の参院議員、案里容疑者が逮捕されたことを謝罪した。記者会見の全文は以下の通り。

 「まず冒頭、本日、わが党所属であった現職国会議員が逮捕されたことについては大変遺憾であります。かつて法務大臣に任命した者としてその責任を痛感しております。国民の皆さまに深くおわび申し上げます。この期に国民の皆さまの厳しいまなざしをしっかりと受け止め、われわれ国会議員は改めて自ら襟を正さなければならないと考えております」

 「150日間にわたる通常国会は昨日閉会いたしました。国会が始まった直後、中国で新型コロナウイルスが爆発的に拡大し、武漢の街が閉鎖されました。現地で不安な時を過ごす日本人とその家族の皆さんに安全、安全に帰国していただかなければならない、そのオペレーションから全ては始まりました。1月末には中国・湖北省からの外国人の入国を拒否する措置を決定しました。その後も世界的な感染の広がりに応じ入国拒否の対象を順次111カ国、地域まで拡大し、水際対策を強化してきました」

 「2月には(クルーズ船)ダイヤモンド・プリンセス号への対応。3月にかけて大規模イベントの自粛、学校の一斉休校。こうした取り組みを進める中で、わが国は中国からの第1波の流行を押さえ込むことができました。しかし、欧米経由の第2波の流行が拡大し、医療現場が大変逼迫した中で4月に緊急事態宣言を発出いたしました。国民の皆さまの多大なるご協力を得て、先月25日、これを全面的に解除することができました。そして今、感染予防と両立しながら、社会経済活動を回復させていく。コロナの時代の新たな日常に向かって一歩一歩私たちは確実に前進しています」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ