地上イージス配備停止、防衛相判断は「適切」 菅官房長官

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は16日午前の記者会見で、秋田県と山口県で進めていた地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画を停止するとした河野太郎防衛相の判断について「米国側と協議を行い、検討を進めてきた結果であり、適切だ」との認識を示した。

 同時に「わが国を取り巻く安全保障環境が厳しい中にあって、弾道ミサイルの脅威からわが国を守るために防護体制が必要な情勢であるということに変化はない」とも語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ