秋田知事「住民に謝罪を」 イージス計画停止で防衛相に

 政府が地上配備型迎撃システム「イージス・アショア」配備計画の停止を表明したことについて、配備候補地の一つ、陸上自衛隊新屋演習場(秋田市)を抱える秋田県の佐竹敬久知事は16日、「河野太郎防衛相には、要らぬ気苦労をかけた地域住民に謝罪していただきたい」と述べた。県庁で記者団の質問に答えた。

 佐竹氏は停止表明を「全く予期していなかった」と説明。配備計画の今後については、河野氏と電話で話した印象から「計画は白紙撤回ではないかとの感触を受けている」と語った。

 穂積志秋田市長は市役所で記者団の取材に「突然のことで非常に戸惑っている」と困惑した様子。「安全を確保できなかったことを理由にしているが、住民の安全、安心に支障がないと言い続けてきた防衛省の姿勢は許されるものではない」と厳しく指弾した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ