横田滋さん死去 かいま見せた怒り、「普通の父親」の素顔 家族「横田家でなく国民の問題に」訴え

 北朝鮮による拉致被害者、横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で5日に87歳で亡くなった滋さんの妻、早紀江さん(84)ら遺族が9日、死去後初めて公の場で思いを語った。家族会代表として我慢強く奮闘したが、自宅では「普通のお父さん」の喜怒哀楽も見せた。遺族は「苦労を重ねた末、天国に召された」と受け止めながらも深い喪失感をにじませた。

 ■写真で“再会”

 「抱っこしていってね。必ず取り返すからね」。同日の滋さんの出棺。早紀江さんは、めぐみさんが写った新聞記事の切り抜きを棺の中の滋さんの胸元に置いた。新潟・佐渡で撮影した写真。めぐみさんはピンク色のジャケット姿だ。現世ではかなわなかった最愛の娘との再会をいつか、天国で果たしてほしい。そして奪還への決意も込めた。

 平成9年3月の家族会結成後、初代代表として全国を飛び回った。19年11月、血液の難病や体力の衰えなどを理由に代表を退いた後も、国民の誰もが知る救出運動の象徴として、講演回数は約1400回に上った。

 会見に同席した双子の息子で家族会事務局長を務める拓也さん(51)は、「父の手帳は講演日程などで埋まっていた。この月は(自宅がある)神奈川県から出ないようにするとか、そういう風に決めないと体を壊すと言っても、『行くんだ』と聞かなかった」と振り返る。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ