横田滋さん死去 与党から拉致問題解決への決意相次ぐ

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさんの父、横田滋さんの死去を受けて遺族の早紀江さんらが記者会見を行った9日、与党からは拉致問題解決への決意の言葉が相次いだ。

 自民党の岸田文雄政調会長は党本部で記者団に「40年以上にわたり塗炭の苦しみを味わった横田ご夫妻の思いを察するとき、胸が引き裂かれる」と言葉を詰まらせた。「拉致問題の解決は安倍晋三政権の最重要課題」とした上で「政府の取り組みを与党として支えていく。被害者家族の高齢化を考えると、一刻の猶予も許されない」と強調した。拉致問題が解決に至っていない現状については「政府・与党として大変申し訳ない」と反省の弁を述べた。

 世耕弘成参院幹事長は記者会見で「めぐみさんと会えないまま亡くなったことは断腸の思いだ。拉致被害者を取り返す努力を改めて強い決意で進めていく」と強調。政府に対し「表で言える交渉ばかりではないと思うが、精力的に拉致被害者を取り返すための活動を続けてほしい」と求めた。森山裕国対委員長も国会内で記者団に「一日も早い解決に自民党としてさらに頑張っていく」と語った。

 公明党の山口那津男代表は会見で「さぞ無念の思いがあったろう。北朝鮮と対話の機会がなければ解決には至らない。あらゆる機会を生かす強い心構えで、政府として解決に取り組んでほしい。与党としても最大限バックアップしたい」と述べた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ