「全身全霊で打ち込んだ」 横田滋さん死去 早紀江さんらが会見

 昭和52年11月に北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、5日に87歳で亡くなった拉致被害者家族会初代代表の横田滋さんの遺族による記者会見が9日午後4時、東京・永田町の議員会館で始まり、妻の早紀江さん(84)は「何も思い残すことはないほど、拉致解決に全身全霊を打ち込み、頑張った」と思いを語った。

 滋さんは、高齢や病気により約2年2カ月間、入院したが、早紀江さんは「長い闘病生活でも『痛い』『苦しい』と言わず、いつも笑顔で、元気に生きてきました」と振り返った。

 家族らは普段、療養する滋さんを常に励ましたが、早紀江さんは臨終の際、「今まで励ましてきたが、天国に行けるんだからね、と言った。懐かしい方が皆、待っているよ。気持ちよく、眠ってください」と耳元で叫んだという。滋さんは薄く開けた右目の内側に涙をため、静かに息を引き取った。

 被害者家族が高齢化し、病気も抱えた現状も踏まえ早紀江さんは「すでに多くの被害者の親御さんがいなくなり、衰弱していく方もいるであろうことが本当に心配」と語り、「どこまでがんばれるか分からないが日本の国は拉致被害者を放置しない。必ず取り返す、ということを最後まで皆さまに訴えていきたい」と力を込めた。

 会見には、滋さんの双子の息子、拓也さん(51)と哲也さん(51)も参加し、支援者や病院への謝意を表明。拓也さんは「悔しくて、悔しくて、仕方がない。国会においては与野党の壁なく、拉致問題に時間をさき、解決のため行動し、すべての皆さまにわがこととして受け止めていただきたい」と呼びかけ、哲也さんも「被害者家族には高齢者もおり、健康も芳しくない。これ以上、同じことがおきないよう。具体的成果をもたらしてほしい」と政府への切望を語った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ