曽我ひとみさん「悔しい、悲しい、心痛い」 横田滋さん宛て手紙全文

 北朝鮮に拉致された横田めぐみさん(55)=拉致当時(13)=の父で、拉致被害者家族会の初代代表、横田滋さんが87歳で5日死去したことを受け、拉致被害者の曽我ひとみさん(61)が6日、新潟県佐渡市の真野行政サービスセンターで報道陣の取材に応じ、横田さんに宛てて書いた手紙を読み上げた。手紙の全文(カッコ内を除き原文ママ)は次の通り。

 6月5日2時57分、横田滋さんが87才でおなくなりになりました。心よりご冥福をお祈りいたします。

 第一報は、拉致(問題)対策本部からでした。とにかく信じられなくて、頭が一瞬まっ白になり何にも考えられませんでした。少し落ち着いてきたら私が帰国してからの出来事が次々と思いだされ、くやしくて くやしくて、こんなにがんばってきたのに、めぐみさんに会うことなく天国に旅立ってしまいました。

 お元気な時に、もっと手紙を書けば良かったと今さらながら後悔しています。

 あえて、めぐみさんのお父さんと呼ばせていただきます。初めてお父さんとお会いしたのは、羽田空港でしたね。私が24年ぶりに日本に帰国出来た日です。

 「曽我さん、お帰えりなさい」とやさしく声をかけてくれました。

 めぐみさんの事を思い、泣きながらカメラのシャッターを押していた姿は、今でも深く印象に残っています。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ