官房長官、韓国の差し押さえ資産現金化の動き「毅然と対応」

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は5日の記者会見で、いわゆる徴用工訴訟をめぐり韓国側の司法手続きによって日本企業の資産を現金化する動きを牽制(けんせい)した。「日本企業の正当な経済活動の保護のためにも、あらゆる選択肢を視野に引き続き毅然(きぜん)と対応していく」と述べた。

 韓国側が解決策を示すべきだとも指摘。「日本は一歩も退かないという決意か」との質問に「当然そうだ」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ