群馬・山本知事「特措法早く見直すべき」 全国知事会全体会合

 全国知事会議は4日の全体会合で新型コロナウイルス対策などについて論議し、群馬県の山本一太知事は緊急事態宣言の根拠となった改正新型インフルエンザ等対策特別措置法について、「一日も早く見直すべきだ」として法改正の早期実現を主張した。

 会合はオンライン会議方式で開かれ、山本知事は会長の飯泉嘉門徳島県知事に要望を伝達。宣言下で行う休業要請に応じない事業者への罰則を設け、実効性を高めることを念頭に「もっと強い権限に変えてもらいたい」と述べた。

 同時に、地域経済が疲弊しないよう休業要請に応じた事業者へは損失補償が必要だとして制度化を求めた。加えて、政府が宣言を解除する際は、地域の事情に精通する都道府県知事の知見を取り入れて判断することも要望した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ