韓国のWTO手続き再開「極めて遺憾」 茂木外相、輸出管理の厳格化めぐり

 茂木敏充外相は3日、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外相と電話で会談し、日本の対韓輸出管理の厳格化をめぐり、韓国が2日に世界貿易機関(WTO)での紛争解決手続き再開を表明したことに対し、「懸案の解決に資さず、極めて遺憾だ」と述べた。康氏からは韓国の考え方について説明があった。

 いわゆる徴用工判決をめぐっては、原告側が韓国内にある日本企業の資産売却の手続きを進めている。茂木氏は「(資産の)現金化は深刻な状況を招く」と重ねて早期の対応を求め、両氏は外交当局間で意思疎通を緊密に続けることで一致した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ