西村担当相「危機感持ち見ている」 北九州市での感染増

 西村康稔経済再生担当相は30日の記者会見で、北九州市などで新型コロナウイルスの感染者が再び増加していることについて「週単位でも増加傾向になり、危機感を持って見ている」と述べた。

 西村氏は北九州市の医療機関などでクラスター(感染者集団)が発生したことを踏まえ、「(感染者の)半分近くが集団感染的に広がっている」と指摘。その上で、感染経路は「かなりの程度を追いかけられている」とも語り、現地に派遣した厚生労働省のクラスター対策班による感染拡大防止対策を強化する考えを示した。

 また、緊急事態宣言の解除を受け、各地で進む飲食店などの営業再開の動きに関しては「業界のガイドラインを踏まえながら、感染防止策を徹底していただきたい」と強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ